中年男のメンズVIO脱毛はおすすめ出来る?メリットとデメリットをまとめて紹介します。

中年男のメンズVIO脱毛はおすすめ出来る?メリットとデメリットをまとめて紹介します。

どうも、MOTOです。

ここでは40代半ばでメンズVIO脱毛を行った中年男性MOTOが

自信の経験からメンズVIO脱毛をする上での
メリットとデメリットを語っていきたいと思います。

最後にメンズVIO脱毛は中年男性にとっておすすめ出来るのか?

という点について話していきたいと思います。

メンズVIO脱毛のメリット

排泄物(大便)が肛門の毛につかなくなる


一番最初に挙げたい良かったメリットが

「排泄物(大便)が肛門の毛につかなくなる」という点です。

※ このメリットはVIOの「O」にあたる部分の脱毛になります。

くま先生
くま先生

便に毛がつくってどういう事??

お尻(肛門)に毛が生えてない人には分からないと思いますが

毛深い人間にとって生活する上で最も不快に感じるのが
「自分の便が肛門の毛に付着してしまう」という事です。

私はお腹が弱く、大便をする際に軟便が出ることが多いのですが
軟便が出ると肛門の毛に付着する場面が多々出てきます。

毛に大便がついてしまうとパンツを履いた際に
パンツにも便が着いてしまうのではないか。
便を拭き取っても臭いがお尻についてしまうのではないか。

など色々な不安要素が出てきていたのですが

VIO脱毛を行った事で不安要素が0になりました。

また、トイレットペーパーでお尻を拭く際に
トイレットペーパーが毛に絡んでちぎれてしまう

という点についても大きなストレスだったのですが
こちらもなくなりました。


大便をするのは毎日の生活から切り離せないものなので
日々、不便に感じる事がなくなる点は大きなプラス要素ですね。

MOTO
MOTO

衛生面での改善は、生活の質の向上に繋がります。



性器に毛が絡まなくなった


次に挙げたい良かった点が

「性器に毛が絡まなくなった」という点です。

※ このメリットはVIOの「V」と「I」にあたる部分の脱毛になります。


くま先生
くま先生

どんな時に性器に毛が絡むの??

男の人であれば、経験があるかもしれませんが
トイレで小便を足す時にパンツから性器を出します。

その際に毛が絡まってしまって性器を出しづらい
もしくは痛みを伴ってしまうというデメリットがあります。

しかし、VIO脱毛を済ませておけば毛が絡まる事はなくなり
快適に小便を済ませる事が出来ます。


MOTO
MOTO

ここからちょっとお恥ずかしい話になります。

お恥ずかしい話ではありますが、私は仮性包茎なので
小便を済ませた後に毛が皮と中身の間に入りこんでしまい
とても痛い思いをするという事もあります。

ちなみに性行為を行った場合も同じような事があります。

性器が勃起した状態から平素の状態に戻る際に
毛が皮と中身の間に入りこんでしまうので
こういった場合でもとても痛い思いをします。

VIO脱毛を行うとこういった悩みを解決する事が出来ます。

MOTO
MOTO

VIO脱毛は人に言えない悩みを解決してくれます。

女性に喜ばれる


次に挙げたい良かった点が

「女性に喜ばれる」という点です。

※ このメリットはVIOの全部位の脱毛になります。

男性の考えとしては陰毛が生えている事が
当たり前であり、男としての象徴みたいなイメージがあると思いますが
女性の目線で見ると案外そのような考えを持つ人は少ないです。

これは私の経験上の話なので、正確に何%の人が喜んで
何%の人が嫌がるのかは分かりませんが
私の周りの人は5人に聞いて5人とも陰毛がない方が良い

という意見を言っていました。

MOTO
MOTO

ここからはぶっちゃけトークになります。

女性が陰毛を見るときは性行為の時になるので
あまり詳しく話すのはどうかと思いますが

「毛が口に入らないのは良い」「拭くのが楽」

というような意見を言っていました。

女性は男性以上に清潔かどうかに拘るので
清潔な状態に近づく毛がない状態は女性にとって喜ばれます。

奥様や彼女がいる方は、是非パートナーに聞いてみて下さいね。

メンズVIO脱毛のデメリット

銭湯に入るとき、同性に見られるのが恥ずかしい


メンズVIO脱毛の一番大きなデメリットは

「銭湯に入るとき、同性に見られるのが恥ずかしい」という点です。


若い子の価値観は分かりませんが、私のような40代男性は
『陰毛は男性のシンボル』的な思想があります。

ですので、スーパー銭湯のような形のお風呂に入るときは
他の男性の目が気になりました。
(本当はでっぷりと出たお腹を気にしろよ、という感じではありますが)

今まで、わっさとした毛をこしらえてお風呂場を闊歩していた中
急にツンツルテンになったので、かなり恥ずかしかったですね。

MOTO
MOTO

しかし、人間は環境によって考え方が変わります。

ただ、お風呂に生き続けるとどんどん慣れてきて
恥ずかしさがなくなっていくんですよね。

私がVIO脱毛をする際に陰毛の脱毛も行うかどうか迷ったのですが
カウンセリングをする際にカウンセラーの方から

「最近の若い子はほとんどVIO脱毛してますよ」

という言葉を貰いました。


時代の流れとしては ”毛を除去する” という方向に
進んでいるのは間違いありません。

ですので、私は銭湯に行く回数が増えると同時に徐々に

「君たち、まだあそこの毛を脱毛していないの?」

というマインドに変わってきました。


将来、孫が出来た時は

「おじいちゃん、脱毛してるんだ!かっこいい!」

と言われる時代が来るかもしれませんね。

MOTO
MOTO

時代によって価値観を変えていくのは必要な事ですよね。


脱毛時の痛みがあり、通う期間の長い


メンズVIO脱毛のデメリットとして

「脱毛時の痛みと通う期間の長さ」も挙げられます。

これはVIO脱毛に限ったことではなく
全身脱毛やヒゲ脱毛でも同じではありますが
脱毛時は当然痛いです。

特にVIOのVの部分は毛が密集しているので当然痛いです。

私も人から「相当痛かったでしょ」と聞かれたりするのですが
私は麻酔が全身に行き渡っていたので実は痛くありませんでした。
(麻酔は有料オプションで3000円払いましたが、それ以上の価値がありました)

また、1回目でだいぶ薄くなったので
2回目以降はそもそもの痛みも薄くなったのも良かったですね。

ただ、これは私の体験談なので、他の体験者の口コミなどを載せてみました。

VIO脱毛の口コミ

・Vラインは平気だったけれど、IラインとOラインは痛かった
・痛みが強すぎて、脱毛を断念した
・Oラインの痛みはかなり激しく、ヤケドしたような感じが残るので、ぴりぴりします。
・しばらくパンツも履けないぐらいの痛みがありましたが、しばらくすると落ち着きました。


やっぱりVIO脱毛は痛いと思う人がほどんどのようです。


あと通う期間が長いのは脱毛の宿命です。

私は全身脱毛の中で、VIO脱毛を申し込んだので
「VIO脱毛・上半身脱毛」「下半身脱毛」を各5回
交互に行う形での通院となりました。

一度「VIO脱毛・上半身脱毛」の施術を行ったら
次に通うのは9週間以上の日数を空けての通院となり

「VIO脱毛・上半身脱毛」の施術を行った後に
「下半身脱毛」の予約を取る形になるため
施術と施術の間が3ヶ月近く空きました。

ですので、最初に通ってから通院が終わるまで1年以上かかります。


施術をしてくれた看護師さんに

「毎月、脱毛をやっても効果はないんですか?」

と聞いたところ

レーザー脱毛は毛根の根っこ部分を攻撃(照射)するので
根っこ部分が育っていない状態で照射しても意味がなくて
その根っこが育つ周期がだいたい2ヶ月くらいなんですよ。

と教えてくれました。


レーザー脱毛の場合は立て続けに照射しても意味がない、との事なので、

1年以上の時間が必要なのは仕方がなさそうです。

ここは粘り強く通い続けるしかないですね。

ま と め


今回はメンズVIO脱毛を経験した40代男性である私が
VIO脱毛のメリットとデメリットについて紹介しました。


私が挙げたメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

1.排泄物(大便)が肛門の毛につかなくなる。
2.性器に毛が絡まなくなる。

3.女性に喜ばれる。

デメリット

1.銭湯に入るとき、同性に見られるのが恥ずかしい
2.脱毛時の痛みがあり、通う期間の長い


デメリットも挙げましたが、大きな視点で見ると
メンズVIO脱毛はメリットの方が圧倒的に大きいです。

おすすめするメンズVIO脱毛クリニックについても
お話していますので、良かったら参考にして下さい。